YouTube

ユウキロックがM-1グランプリ歴代チャンピオンのネタ構成を解説

ネタを解説

M-1グランプリ準優勝の実績を持つ、元ハリガネロック・ユウキロックがM-1グランプリでチャンピオンに輝いたお笑いコンビの参考になるネタ作りポイントを解説した。

一組目に上げたのが『パンクブーブー』

パンクブーブーの漫才は教科書通りだと評し、ボケの数が多く、フリがしっかりした漫才を行っているのが特徴と語る。ボケの数を多く詰め込むために『ボケに対してツッコむ、更にそのツッコミは次のボケに繋がるフリになっている、それによって時間を短縮しながらボリュームのある漫才になっている』と解説した。

二組目に上げたのが『霜降り明星』

霜降り明星の漫才は、最近のお笑いコンビに多いツッコミで笑いをとるスタイルだという。その中でもボケに対しツッコミが長すぎない、一言で笑いをとるテンポの良さ、『簡単に言うとクイズ形式になっている、せいやがボケて、答え合わせのように粗品がツッコむ』その形が秀悦なコンビだと解説した。

動画

ユウキロックはお笑いコンビ『ハリガネロック』解散後、構成作家や養成所の講師として活動中、現在もお笑いに深く関わった仕事を行っている。

ユウキロックのエンタメウェビナー
https://www.youtube.com/channel/UCnwkLZwrwemnWHzAXOIAADQ
オススメ記事

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)