まとめ・考察

キングオブコント2020の優勝候補のお笑い芸人をまとめてみた!

キングオブコントとは?

優勝賞金1000万!
プロ・アマ問わず、真のコント師ナンバー1を決める大会である。

優勝候補の芸人たち

かが屋(マセキ芸能)

2015年結成

キングオブコント2018 準決勝進出
キングオブコント2019 決勝6位

日常の風景を独自に切り抜いたコントを得意とし『天才』との呼声が高く、『霜降り明星』『ハナコ』に続いてお笑い第七世代での『賞レース覇者』に期待がかかるコンビ。

ネルソンズ(吉本興業)

2010年結成

ぐるナイおもしろ荘2016 優勝
キングオブコント2019 決勝6位

前回大会では『かが屋』と同率の6位、ボケの『青山フォール勝ち』は全治8週間ケガを負いながらの出場だった。ボケの『和田まんじゅう』の、実際にいそうでいないちょっとイラっとする味のあるキャラクターが注目のお笑いトリオ。

ジェラードン(吉本興業)

blank

2008年結成

タウンワーク BAKE-MON 優勝
キングオブコント2019 準決勝進出

とにかく強烈なキャラで押し切るコントを得意とするお笑いトリオ。爆発力を求められる『キングオブコント』とは相性が良く、結果を残せる可能性が大。人気番組『有田ジェネレーション』でも不動のレギュラーの地位を築いており、その実力はお墨付き。

コウテイ(吉本興業)

blank

2013年結成

ABCお笑いグランプリ2020 優勝
2019年 キングオブコント 準決勝進出

ハイテンションで正統派から少し外れたクセのある漫才・コントを行うお笑いコンビ。7月に行われた『第41回ABCお笑いグランプリ』にてコントを行い優勝、勢いのまま『キングオブコント』でも結果を残す可能性が考えられる。

トンツカタン(人力舎)

blank

2012年結成

キングオブコント2017 準々決勝進出
キングオブコント2018 準々決勝進出
キングオブコント2019 準々決勝進出

奇抜な設定で、じわじわと見ている人間を惹きつけるコントを得意とする。ツッコミの森本は、当時人気絶頂だった『おかずクラブ・ゆいP』に告白されるも「今付き合ったらその知名度を理由にして売れようとしている感じなる」と交際を拒否、自分たちの実力で売れようという強い意志を感じさせた。

ファイアーサンダー(ワタナベエンターテインメント)

blank

2014年結成

ABCお笑いグランプリ2018 優勝
キングオブコント2019 準決勝進出

ネタの前半をフリに使い、中盤から後半にかけて一気に笑いを回収していくスタイルを得意とするコント師。40年以上続く『ABCお笑いグランプリ』にて、唯一の吉本・松竹以外での優勝者になるなど、実力はお墨付きである。

ななまがり(吉本興業)

blank

2007年結成

キングオブコント2016 決勝9位
R-1ぐらんぷり2020 決勝進出

奇妙で気味の悪いキャラクターを活かした、独特な世界観を描くコントが魅力的なお笑いコンビ。『キングオブコント2016』ではいまいちハマらなかったが、近年二人の評価は高まる一方にあり、多大な期待が持てる。

ジャルジャル(吉本興業)

blank

2003年結成

オールザッツ漫才2008 優勝
ABCお笑いグランプリ2013 優勝
M-1グランプリ2010 決勝8位
M-1グランプリ2015 決勝3位
M-1グランプリ2017 決勝6位
M-1グランプリ2018 決勝3位
キングオブコント2009 決勝8位
キングオブコント2009 決勝4位
キングオブコント2019 決勝3位

漫才・コントを問わず、数多くの賞レースで優秀な結果を残す実力派コンビ。自身のYouTubeチャンネルにネタ動画を毎日アップするなど、コントに対する意欲、情熱は若手芸人に勝るほど強さ。去年の『キングオブコント』では、福徳が足を骨折した状態で出場し、当初予定していたネタの変更を余儀なくされ、結果は3位。不完全燃焼のような形で終えてしまったため、是非ともリベンジをしてほしいとファンたちは願う。

さらば青春の光(株式会社ザ・森東)

blank

2008年結成

M-1グランプリ2016 決勝4位
キングオブコント2012 準優勝
キングオブコント2013 決勝4位
キングオブコント2014 決勝進出
キングオブコント2015 決勝10位
キングオブコント2016 決勝4位
キングオブコント2017 決勝3位
キングオブコント2018 決勝4位

キングオブコント決勝進出数最多を誇る実力派コンビ。優勝候補の筆頭だが、去年の『キングオブコント2019』には出場せず、卒業との噂。現在はコントよりもフィンランド発祥のスポーツ『モルック』に熱を入れている。

キングオブコント歴代王者

2008年 バッファロー吾郎
2009年 東京03
2010年 キングオブコメディ
2011年 ロバート
2012年 バイきんぐ
2013年 かもめんたる
2014年 シソンヌ
2015年 コロコロチキチキペッパーズ
2016年 ライス
2017年 かまいたち
2018年 ハナコ
2019年 どぶろっく

キングオブコント2020 公式サイト
http://www.king-of-conte.com/
オススメ記事

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)