ニュース

アンジャッシュ渡部建、エンタの神様プロデューサーとの衝突話を語る

エンタの神様での苦労話

現在、不倫騒動により芸能活動自粛中のアンジャッシュ渡部建だが、4月に自身のYouTubeチャンネルに投稿した『エンタの神様』に出演していたときの苦労話を語った動画が非常に興味深いものとなっている。

五味プロデュサーと衝突

後に大人気お笑いネタ番組となるエンタの神様だが、初期の頃はまだお笑いに特化した内容ではなく、ミュージシャンやマジシャンなど、幅広いジャンルを扱ったエンターテイメント系番組であった。

そんな番組からオファーを受けたアンジャッシュ、当時は番組側との思想にズレがあり「合わなかった」と語る。自分たちのネタを番組向けに改良されることに対し「音楽番組のスタッフのくせに俺たちのコントに気安く触るな」と怒りを示していた。

テロップ

アンジャッシュのコントといえば『すれ違いネタ』。お互いがお互いの何かを勘違いし、そこからズレが生まれ笑いが生まれる、そんな作り込まれた設定と世界観が魅力的なのだが、そんなアンジャッシュのネタに対しスタッフは「とにかく視聴者にわかりやすくするため、ネタの初めにコントの設定や状況を出来るだけ説明しろ」と指摘。

渡部は「なんでそんなダサいことをしなきゃならないんだ」と内心反発しながらも、しぶしぶと従う・・・、更にオンエアを見てみると、自分たちのネタ中に『コントの設定を説明するテロップ』がデカデカと!「こんな恥ずかしいのやめてくれ」と頭を抱える渡部。

しかし、実際にそれを取り入れてからは自分たちの出演部分の視聴率が大幅にアップ!周囲のネタに対する評価も上がっていった。

老若男女に支持されるには『わかりやすくすること』が大事だと身を持って学んだアンジャッシュ、「今後、演出は全部番組側に任せよう」と考え方が180度変わり、その後も番組に出続け、エンタの神様の看板とも言えるコンビに君臨したのであった。

動画

アンジャッシュ渡部チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCOEciAuGGg8vpcMcYGxZoGQ

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    まあでもエンタのテロップ多すぎなのは、恥ずかしくて観てられなかったわ
    分かりやすくするという考え自体はいいと思うけど、やりすぎは視聴者を馬鹿にしているとも取れるからな
    エンタは正直ちょっとやりすぎだったと思う

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)