お笑い速報 https://owaraisokuhou.com/の管理ページです
お笑い速報 https://owaraisokuhou.com/の管理ページです
     
  1.    

     20:40 コメント (0)

    バカリズム、若林正恭…芸人の異分野「受賞ラッシュ」はどこまで続く?


 
 
1: 2018/08/20(月) 21:02:34.11 ID:CAP_USER9

今年上半期は、お笑い芸人の才覚が改めてフィーチャーされた。頭ひとつ抜けたのは、バカリズム。去年、初めて原作、脚本、主演を担ったドラマ「架空OL日記」(日本テレビ系)が、今年になって「第36回 向田邦子賞」を受賞。現在も原作、演出、脚本と活動の場を広げている。

 そんなバカリズムと同じく、根暗で友だちが少なく人見知りだが、文壇界から注目されていたのはオードリー・若林正恭だ。

「初の紀行本『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』が、一般社団法人日本旅行作家協会が主催する『斎藤茂太賞』を受賞しました。この賞は、旅にかかわるすぐれた著書に授与されるもの。かねてから社会にうまく適合できないと公言していた若林は、一昨年、3泊5日でキューバを強行旅行して、そこで目にした世界格差を正直に書き綴ったものです」(芸能記者)

 かねてから、演技力も高く評価されているカラテカ・矢部太郎も、快挙を成し遂げている。4月、「大家さんと僕」で、日本の漫画発展に貢献した人に贈呈される「手塚治虫文化賞」の短編賞を受賞したのだ。同じ建物の1階に住む現在88歳の女性大家さんとのハートフルエピソードを描いたエッセイ漫画で、芸人が同賞を獲るのは、1997年の創設以来初である。

https://www.asagei.com/excerpt/110648

 

 
5: 2018/08/20(月) 21:08:14.73 ID:l0hB/I7b0

又吉、バカリズム、若林

まあこの年代でそこそこ文才ありそうなのはもう打ち止めかね?
無名の芸人で彼ら以上もいるかもしれないが、受賞は難しいだろうね

 

 
14: 2018/08/20(月) 21:26:53.52 ID:sNE3t6t20
又吉なんか全然新作書かないじゃん

 

 
20: 2018/08/20(月) 21:48:23.61 ID:n7a32nk50
>>14
新聞小説の連載始めるってニュースになってたぞ

 

 
15: 2018/08/20(月) 21:28:06.89 ID:hQ4qCRoe0
若林の本はひどかった
若林の文章を生かしたくてわざと校閲しなかったんだと思うが完全に逆効果
校閲されてない文章だからブログっぽいんだよな
よくあれに賞与えたよ

 

 
22: 2018/08/20(月) 22:02:34.10 ID:Uz6Yn7Sd0
文豪と言われた大作家先生も、今の世の中なら芸人になっていたんじゃないの

 

 
26: 2018/08/20(月) 23:58:42.15 ID:RForsCot0
でも作品が面白ければ俳優でも芸人でもいいよ

 

 
30: 2018/08/21(火) 03:01:20.12 ID:i4JLrfjm0
これまで文芸に近かったのは演劇だったけどお笑いも言葉を扱う仕事だから文芸には近いかな

 

 
33: 2018/08/21(火) 03:38:00.78 ID:xlmgn++30
ドラマの住住は結構面白かったな(´・ω・`)一晩で一気に見ちゃった

 

 
34: 2018/08/24(金) 08:38:00.34 ID:mAbB31lX0
話題作りだな
吹き替えに有名人を使うのと同じ

 

 
35: 2018/08/24(金) 11:28:23.23 ID:22LiyCvp0
そりゃゴーストライターが優秀だから

 

 
36: 2018/08/24(金) 15:23:27.21 ID:Gz/OYzzz0
そもそも人見知りキャラに無理がある

 

 
37: 2018/08/24(金) 16:15:27.31 ID:JOc9h09T0
若林は意外に面白い

 

 

引用元: リンク

   
 
 

関連記事

コメント ( 0 )

  1. この記事へのトラックバックはありません。

   
※コメントの書き込みはマナーを守ろう!    



PAGE TOP